Mのつれづれ日記

フルやウルトラをぼちぼち走る日常をつづります

距離にこだわってみる

 

わたしが走り始めた理由のひとつはダイエット…

ジョシならば、たとえ1gだって軽くありたい(軽いように見せたい)って願望があるじゃない?

アレです、アレ

はい。ありがちな理由から走り始めたひとりであります

 

最初は5kでゼイゼイハァハァ

次第に10k…15k…と徐々に走れる距離が伸びていき、はては100kウルトラの世界にまで足つっこんでるワケですが…

 

まぁレースよりも練習そのものがスキってのもあって、ここ数年は月間300kを目標にしていた

 

 

ところが。

ただ距離を踏むより内容を重視、とか負荷をかける練習とかけない練習とのメリハリをつける、てな各種練習理論を目にしてるうちに、

距離を稼ぐだけの練習って意味あるのかなぁ

そのうち怪我するんと違う?

じゃぁ休んじゃおっか

とか思うようになり、GSK(月間走行距離)が減る傾向にあった

 

そのうち、GSKが200k台になり、100k台に落ち込むことすらあった

ジョグノを見返すと、ことし300kを越えたのは2月だけというあり様…

それでも、ウィメンズといびがわは4時間を切ってるし、ウルトラ2本(飛騨高山と丹後)は完走している

 

そこで、なんか気づいた

ワシってね

最低〇〇k走りゃ少なくとも4時間は切れる、とかこんだけ練習すりゃウルトラもなんとか完走だけはできる、って計算してないか、と

(落ち込むと一人称がワシになります)

 

ビジネスの世界では、アリだと思うの

最小限の努力で最大の結果をだす

うむ、スバラシイ

 

でも趣味で走ってることとビジネスは違う

なんかね、じぶんでも感じる

そぅ。

コレだけやってりゃOKとか

最低コレだったら完走できる、とか

 

 

f:id:labuyoshi:20181124192351j:plain

 

 

走り始めたことは、こんな気持ちじゃなかったハズだ

 

ただ走れることが嬉しくて

距離が延びるのが嬉しくて

シューズがどんどんダメになるのすら嬉しくて

そんな純粋な気持ちはドコへ?

 

しかも距離云々を調整するようになってから、体重が増えた

(およそ2kg)

そりゃそぅだ

消費カロリーが減ってるのに、同じだけ食ってれば、そら太りますわな

(残念)

 

ということで、初心にかえり、今月は距離にこだわっている

(それでヤセたら一石二鳥♡)

月300ってことは、単純に一日で10k

雨の日や仕事の日もあるからアレコレ工夫しないと300kって難しい(自分比)

そこでいろいろ予定を調整し、家事の時間を計算し、スキマ時間はどこかにないかと思案してなんとか走る時間を確保してみる

「あー今日はオフにしたい…」という気持ちにアッサリ従っていたちょっと前とは違って、多少気分の乗らない日でも走りに出ないと300k達成は無理だ

 

内容はともかく(内容もだいじ)、とにかく今月は距離にこだわってみる

24日終了時点でトータル246k

(もちろん、いびがわ含む)

のこり6日で54k

プランどおりなら達成できそう

すこしでもくじけたらダメ

 

はてさて。どぅなりますやら

 

 

 

さいごまでお読みいただきありがとうございます

 

 

 

 

いびがわ後のいろいろな状態

 

いびがわが終わってふつか…

カラダのダメージやあれやこれやについてまとめてみた

 

 

〇 筋肉痛

筋肉痛は前モモと脇腹、首筋にすこし

前モモは坂を繰り返し上り下りしたことによるものと思われる

脇腹が痛いってことは、チョットはお腹にチカラを入れて(体幹を意識して)走ることができたのかな?フフフ…

首筋が張っているのは、ふだん下向きギミに走っているのに、レース本番だと正面かやや上ギミを見て走っているからと思われる

あまり上を見すぎないように気をつけているつもりだけど、果てしなく続く坂道に「終わりマダ~」とついついアゴが上がりギミになっているものと思われる

ちなみに真奈美に、不思議とすねやフクラハギなど膝から下の筋肉痛はほぼナシ

蹴らないように走る、が実践できた(カモ)

レース中、エイドごとにアミノバリューをしっかり飲んだし、レース後も忘れずアミノ酸とグルタミン補給(いつも忘れがち)

そして帰宅後も、就寝前と起床後にせっせとアミノ酸+グルタミン+クエン酸を次々とカラダに送り込んだ

回復によいとされるものをとったあとは、ヒマを見つけては気になる部分を押す・揉む・さするの鬼ケア実施

あ。鬼ケアっていっぺん言ってみたかった

アミノ酸連合軍も筋肉痛の軽減に役立っているものと思われる

まぁ100kにくらべてフルの筋肉痛なんて無いのも同然(アホの感想)

 

 

〇 故障的なダメージ

レース前、少~し左足首に違和感があった

グネッたつもりはないのに、だ

以前にグネッたことはある

春先に山へ行ったときとか?

そんな前のやつ、今さら出てくる~?

と不思議に思いながら、前日に慣れないテーピングなぞ巻いてみたのだが、寝てる間にほとんどはがれてしまった(泣)

買ったのは10数年前、あるいは20年以上?

年季の入ったテーピングテープは、その保持力とか粘着力は全然ダメダメだった

(当たり前)

そのクセ、白い糊の跡はシッカリと肌に残り、手でこすってもなかなか取れない

むむー捨てるか、コレ

 

 

〇 足まめ

丹後に引き続き、今回も足まめができた

しかもまた左足

左脚で踏み込むように走る、がダメなんかな~?

マメのできる原因について調べてみたけど、それについてはまた後日

今回のマメは特大サイズ(自分比)

しかも、赤い液体まで入ってますょ(泣)

では、画像行きますよ~

グロいのでお気をつけて!

 

↓ ↓ ↓

大丈夫なかたのみ、ご覧ください

ハイ!ドン

 

 

f:id:labuyoshi:20181112181220j:plain

~小さめで~

 

 

コレが痛いのなんのって

帰りみちは脚をひきずりながら移動

体重がかからないようにするのが一番だけど、体重がまったくかからんようには歩けないし…

 

 

帰宅後、さっそく慣れた手つきで処置開始

ライターで針の先端をあぶり、水ぶくれの先端をつついて中の液体をブシャーと出したら、ハイおしまい

完全に水が抜けてからはほとんど痛みがなくなった(ホッ)

マメ処置についてはかなり経験値が上がったものの、マメ体質になってしまったんだろうか?

激しく不安ではある

 

で、本日。

股関節の可動域拡大のため、四股ポーズをとっていたところ…

 

f:id:labuyoshi:20181112185127j:plain

こうゆうの

 

皮がズレた…痛

せっかく、カラダが最大限努力して治そうと頑張ってるのに…ワシはアホだ…

皮が完全にくっつくまで四股ポーズはやめとこう…

 

 

〇 シューズの状態

去年のいびがわ用に、とおろしたのがゲルフェザーグライド(スリム)

軽くてフィットして走りやすいので1年以上愛用している

おもに速いペースの練習用(もちろん自分比)とレース用だ

その間、レースはいびがわ2回・ウィメンズ・丹後を走った

結果、あまり見た目はくたびれ感はないけど…

 

 

 

f:id:labuyoshi:20181112181324j:plain

 

 

あ。くたびれとるわ(爆)

 

で、前足部が結構摩耗していて…

 

 

f:id:labuyoshi:20181112181429j:plain

 

 

こな感じ

ブロックがだいぶ減ってしまっている

ここにチカラが集中することが、マメと関係あるんか?

さらにヒドイのがソール部にちかいミッドソールで

 

 

f:id:labuyoshi:20181112181442j:plain

 

なんしか、シワッシワ(婆)

 

シューズの捨て時がいつもよくわからんのだけど、こぅなったらモウだめかしらん

少なくとも、レースでは使ってはダメな気がする

すると練習用か、ウォーキング用?

庭掃除用、が引退先として一番ふさわしいかも

 

するとな~

またシューズ買わないとなぁ♪

 

シューズ探しの旅は果てしなく続く

 

 

 

さいごまでお読みいただき、ありがとうございます

 

 

 

【遅い】いびがわマラソーーーン【報】

 

 

あ。さてー

ド晴天だったきのう、いびがわマラソンに参加してきました。

結果ドーン

 

 

f:id:labuyoshi:20181112073020j:plain

 

 

ちいさすぎて

読めな~ぃ

いっぺんやってみたかった♡

 

いびがわマラソンでは、メモ用紙のような完走記録証(速報版)を当日に受け取り、後日、写真入りの正式な記録証が郵送されてくるシステムとなっております

まぁ、この記録証の件ではイロイロあったわけですが…それはさておき。

(リンクではありません)

 

ということで(どゆこと)

いびがわは今回で5回目の参加となりましたが、上からでも下からでも3番目の記録

えぇ、平凡です、全く。

 

3:53:@(グロス)

 

記録としてはショボイ限りだけど、今回の目標だった「粘る」に関してはそれなりに実践できたかな

 

お久しぶりのチーム中部の皆さん、サプライズ応援のあんな方こんな方ともお会いできて楽しかったです

レポは後日…(書くかも)

 

 

さいごまでお読みいただきありがとうございました

 

 

丹後からのおくりもの

 

 

2017年、丹後ウルトラは台風18号接近により中止

大会中止は、スタート前々日の金曜日に発表になったことから会場へ向かうための交通費も不要だったし宿もぶじにキャンセルできた

宿としては前々日のキャンセルなんて、大ダメージだったろうなぁ…と今さらながら申し訳なく思う

大会前日、しかも受付してからの中止発表の某大会なんて…

自分ならブチキレそう…我を忘れてその足で事務局に怒鳴り込んだカモ…

 

大会要項にたいてい書いてある文章…

 

いかなる理由があっても参加料及び参加に際しかかった費用等の返金はできません。
 例)
 ・大会に参加しなかった場合
 ・自己都合によるキャンセルを行った場合
 ・地震・風水害・降雪・事件・事故・疫病等、主催者の責によらない事由で、大会が開催縮小・中止となった場合…

 

ちゃんと書いてあるんだからね

中止だってあるんだよね

ハァハァハァハァハァハァハァハァハァ…落ち着けワシ!

 

個人的な金銭的ダメージとしてはエントリ費のみで済んだわけだが、ひと夏丹後に向けてがんばってきただけに、ココロのダメージは相当のものだった

半年くらいかな、なんしかチカラが抜けたように、丹後ロス状態…

 

なんだかんだ言っても、だいたいのことは時間が解決してくれるもんで、丹後ロスからもスッカリ回復

金銭的ダメージにしても…自分にとって大きい金額であったことは間違いないのだが…

まぁ、そゆこともあるわな、というレベルにまで解釈できるようになったと思う

 

そんな折、大会中止のおわびとして、コレが届いた

 

 

f:id:labuyoshi:20181110092145j:plain

 

ペットボトルは大きさ比較のためのものです

 

新興梨

 

11月に梨?

と思ったけど、この品種の収穫は10月中旬から11月いっぱい位までとのこと

しかもこの大きさ!

400~500gくらいありそう

 

梨は傷むのがはやいから早いとこ食べなきゃ!

と思ってスグ食べたけど、涼しいところに置いておけば、1ケ月はもつんだって(ホホー)

 

単価にしたら数百円のモノかもしれないけど、大会事務局からの熱い思いが伝わってきましたょ!

(配送料だってバカにならんし)

発送元が「ランナーズウェルネス」になってたのが気に入らんケド…

だってコレ送ってくれたの京丹後市でしょ…

と、声を大にして言いたい

 

ことしもポツポツ大会中止が発表となっている中、参加者に配慮してくれる丹後ウルトラがますます好きになったのでした

 

 

さいごまでお読みいただきありがとうございます

 

 

いびがわまであと1日

 

 

今シーズンのフル初戦、いびがわまであと1日

ちなみに真奈美にフルは年間2戦しか走らないので、初戦のつぎは最終戦だ(笑)

フルは今までに10回走ったんだっけな?

うろ覚え

 

いびがわは今回で5回目の参戦となる

過去の結果…

2014年 3:53

2015年 3:53

2016年 3:44

2017年 3:48

2017年以外、丹後(100k)→いびがわの流れで臨んでいるけど、いずれも4時間切ってるのね…

すげーな、過去のワシ…

 

今回はというと、例年どおり9月に丹後を走ってから2ケ月弱で迎えるフルマラソン

しかも坂ばっかで雨ばっかのいびがわマラソン

意外にも、ことしは雨予報ではないようで、ひとまずはホッと安心

ウルトラ→フルの切り替えがうまくいっておらず、ある程度の速度が出せるスピード筋が育ってない

(そんなモノがあるのかも不明)

 

ということで(どゆこと)、今回の位置づけとしてはシーズンの初戦として

f:id:labuyoshi:20181109190620j:plain

 

ことを目標にしたい

 

さいきん、レース途中でダレてしまい、スピード維持が難しくなることがある

で、無性に歩きたくなってくる

(ウルトラ病という)

いびがわなんて、走っても走っても坂、だもんで、途中で歩きたくなるのも無理はない(個人の感想です)

 

今回のいびがわ、過去の実績にアグラかいてまって、

「まぁフツーに走りゃ、4時間は切れるでしょ」

とか甘~く考えてたら足元をすくわれるの間違いなしなので、まずは4時間切りを目標に、最後の橋を渡りきるまで粘ることを目標にがんばル!

タイム的には…去年の自分を越えられますように!

 

そして裏目標は…フフフ

 

f:id:labuyoshi:20181109191244j:plain

 

エイドのいなり寿司を3ツ食べる!

いなりパワー、あなどれませんて

 

 

 

ちなみに真奈美に、

来年の飛騨高山ウルトラ、募集要項がまだ発表にもなってないのに、モウ宿を確保♡

参加できるかどうかもビミョー

でも、そんなの後から考えたらいいの♡

(無駄に明るく)

 

そしてなぜかこの人…喜んでますが

 

f:id:labuyoshi:20181109191406j:plain

この人のぶんも宿をとったのでした(爆)

 

 

 

さいごまでお読みいただき、ありがとうございます

 

 

 

 

 

 

 

いびがわ前のラスト30k走

 

 

いびがわまで、あと2週間の先週末、ラストの30k走を敢行してきた

 

コースは、さいきんお気に入りのコチラ

 

 

f:id:labuyoshi:20181029170740j:plain

 

気温は21°

意外と日差しがキツくてペースが上がらなかった

(言い訳)

 

結果ドーン

 

f:id:labuyoshi:20181029170718j:plain

 

ギリッギリのサブ4ペース(泣)

しかも本番はあと12kあるんだねぇ(遠い目)

 

 

今回の気づき

〇 ソックスはダーンタフがいい感じ

〇 序盤はペース上げず、2~3kはアップのつもりで

〇 フォームが乱れたと感じたら左脚の踏み込みを思い出す

〇 息が上がりそうになったら、ヨガの呼吸を思い出す

〇 細く、長~く息を吐くと、肺に酸素が入ってくる(気がする)

〇 肩甲骨を広げるイメージ

 

 

9月に丹後を走って、10月の1ケ月で30k走を3回なんて、結構がんばったな

自画自賛

 

 

ペースはともかく、距離耐性は上がった気がする

(ペース気にしろ)

 

いびがわまで、あと1週間、うまく疲労を抜いて、レース当日にベストな状態にもっていきたい!

風邪をひかない

のどを痛めない

 

あとは本番で練習してきたことを発揮するのみ

キツくても楽しむことを忘れずに

 

できたらアン姉さんの襲撃がないとエェなぁ

 

 

さいごまでご覧いただき、ありがとうございます。

 

 

 

Benからのメッセージ ③

 

 

恐怖の検査結果を受け取った数日後、系列のクリニックへGO!

そぅ、人生初のアノ検査を受けるためだ

 

わたしはなんの疑いもなく受診当日にスグ検査が受けられると思っていたので、前日の夜9時から自主的に絶飲食

胃の中を空っぽにした状態でクリニックに到着した

 

受付にて、保険証を出しながら

「大腸カメラの検査をしてください」

と元気よく言った

すると受付嬢…

「(ナニ言ってんのこの人)はァ…。まずは初診表を書いてください」

むむっ

わたしの(強い)意志がこのヒトには伝わらなかったみたいだ

まぁいい

受付がアホかもしれん

ここでダメなら先生に直接訴えるまでだ

 

 

病院はどこも同じと思うが、初診はかな~り待たされる

そのクリニックも予約制をとっているようで、予約のない一見客は名前を呼ばれるまで延々と待つ必要がある

 

ふふふ…

そんなこと、モゥ学習済みだぜ!

図書館から借りてきた5冊の本を持ってきたぜ!

 

 

待たされること1時間…

さすがに長すぎるんと違いますか?

初診患者をバカにしてませんか?

(してません)

 

 

そんなこんなで1時間半

ようやく名前を呼ばれる…

(長)

 

いよいよだ。ついにいよいよだ

落ち着けワシ

ついに検査の時が訪れたけど、先生の注意を聞いて力を抜いてりゃいいさ

(タブン)

 

ギギギとドアを押して開けようとしたら、イマドキの病院の扉はスライド式で焦った

 

 

まずは先生と初面談

40代と思しき、いかにも大腸カメラの魔術師のような印象の先生だ

(なんのこっちゃ)

 

あらかじめ渡してあった結果表を見ながら先生が…

「ほほー。Ben検査にひっかかりましたかー」

「じゃぁ、〇〇からカメラ入れて検査しましょう」

 

やはり、そぅ来たか

先生、ワシのほうは準備万端ととのっております

さぁ、早くアノ検査をやってもらおうじゃないの!

カモ~ン、大腸カメラ

 

ここは一発、やる気を示すときだと思い

「はいっ。きのうから絶飲食できました。よろしくお願いします」

と鼻息荒く宣言した

(もはや意味不明)

 

すると先生、なぜか受付嬢とおなじ顔をして

「(この人、アホなの?)はァ?きょうは検査しませんよ」

とポツリ

 

はァ?

なんでつか?

なんで、そーなるんでつか?

ワシはそんなに悪いんでしょうか?

検査も受けられないくらい、ヒドい状態なんでしょうか?

 

ワシの頭は??でイッパイ

 

 

アホをさとすように、先生は丁寧に説明してくれた

聞けば、

〇 検査は毎週日にちが決まっていて、月・火・水・金の午後1時から

〇 検査前には、腸の中をカラッポにする処置が必要である

〇 今、最短で予約可能なのが12月以降

〇 まずは予約をとってから

ということだった

 

アホだ。アホなのは受付嬢でもなく先生でもなく自分自身だった

よっく考えてみたら当たり前よね

大腸の検査をするわけなんだしさ、胃の中をカラッポにしたって意味がないし

スゲー待ったように、混んでるクリニックだしね

行ってスグ、検査が受けられるはずないじゃん

大腸の中の不気味な存在に気をとられるあまり、よく考えもせず暴走してしまった

(ワシあるある)

 

 

ションボリしつつ、血液検査とお腹の触診

血液検査は、血が止まりにくくないか、の検査だっけな

(うろ覚え)

続いてベッドにあおむけになってお腹の触診

内心、

(そんなもん、触って病気がピタリと言い当てられたら検査なんていらんて)

と毒づいた

検査が受けられないとわかってから、なんしか気持ちが荒んでいる

(自分勝手)

 

先生が、触診しながら

「Jiはありますか?」

と聞いたので、元気に「あります」っと答えた

はて。Jiと大腸は関係あるのだろうか?

(たぶんね)

 

 

その後、ナースにバトンタッチして検査にともなうもろもろの説明を受ける

〇 検査3日前から消化のいいものを食べてね

〇 消化のいいものって、こんなもの(イラスト付きの一覧表をもらう)

〇 検査前日は、特別食のコレ食べてね

〇 検査当日は、1.5時間くらいかけて2Lの水に溶かした下剤を飲んで…

 

2、2リットルぅ!

そんな大量の水が短時間に飲めるだろうか?不安

消化の悪いもの、の中に、ワカメが入ってて思わず笑う

(好きだし)

 

 

そして手渡された、検査前日用の特別食がコチラ

 

 

f:id:labuyoshi:20181101091444j:plain

 

 

 クリアスル~(笑)

 

コレはカロリーがほとんどないとかで、消化のいい食べ物(と言ってもレトルト)が詰まった3食セットらしい

しかも間食用に、おろしリンゴ付き

これは見た感じ、ジェルみたいなもんかな

検査をキャンセルしても、この特別食は返品できないとも念押しされた

まぁいっさ

キャンセルする気はないし、フツーにダイエット食だと思えばいい

 

 

…というわけで、検査血行日は12月某日と決まったのでした

 

(12月の検査後まで)つづきます

 

 

 

さいごまでご覧いただきありがとうございます。